所長ご挨拶

ごあいさつ

企業経営者を取り巻く環境は、デフレや政府部門の改革の遅れによる増税などの公的負担の増大などを背景に厳しい状況が続いています。このような状況下で、旧来の会計事務所は、本当に企業経営者のために十分なサービスを提供しているのか疑問があります。

当事務所では、今までの会計事務所が行ってきた記帳代行や税務申告、節税対策だけではなく、事業を拡大し利益を増大させるためのコンサルティングの重要性 が増してきているのではないかと考え、企業のIT化の支援やキャッシュフロー分析、経営分析に基づく企業診断、財務内容改善提案や事業計画策定支援を行っ てまいりました。

活動の成果により、業績の改善に結びつき IPOを視野に入れ事業を急拡大している会社や、銀行をはじめとする金融機関からの評価が改善し資金調達が機動的に行えるようになったクライアントもでてきています。

当事務所は、事業の設立段階から成長過程に合わせて、お客さまの事業を手助けし、事業の成長に結び付けられるよう最大限の努力をしていきたいと考えております。

鷹野公認会計士事務所 所長


所長略歴

中央大学経済学部卒業。
1992年中央新光監査法人(旧青山監査法人)入所、上場会社の会計監査業務及び株式公開支援業務に従事する。
2002年退職(退職時マネージャー)、同年鷹野公認会計士事務所設立。
現在、鷹野公認会計士事務所所長、アイシーシー株式会社代表取締役。株式公開支援業務及び税務会計の顧問業務を主業務としながら、ファイナンス・事業再編等に関するアドバイザリーズ業務、バリュエーション等の業務を手がける。